雨漏りの点検と防止策

雨漏りの点検と防止策

subpage1

雨漏りは建物の経年劣化によって建物が傷ついてそれが大きくなって水分が外部から侵入している場合や瓦が割れたり剥がれてしまっている事が原因として考えられます。
建物の劣化を完全に止める事はできませんが、雨漏りによって建物の内部に水分が侵入する前の段階で発見し対策する事はできます。



建物の内部に水分が入ってくる状態だと内部のフローリングや壁にも影響が出ますし、家財道具等にも被害が出る可能性があるので事前に予防する事は大切です。


屋根がひび割れていたりする場合にコーティング剤を購入して対処する事もできますが、室内に水分が入ってくる段階では業者に修理を依頼しないと直せない破損である事が多いです。
雨漏りをしている箇所が二階以上の屋根だった場合は作業する場所が高所になるため作業に危険が伴います。

そのため雨漏りが起きた時は自分で修理するより業者に依頼した方が確実で安全です。



日頃の点検も大切ですが、点検をするのも高所での作業になるので点検にも業者に来てもらうと良いです。
日頃から点検に来てもらえればその都度補修等が必要か教えてくれるので雨漏りの被害が大きくなる前に対策しやすくなります。
普段の点検の他に強い台風が通過した後などは瓦が飛ばされて一部ない状態になっていたり、屋根の一部が破損する事もあるので気をつけるべきです。



建物の定期点検も修理もあらかじめ依頼する業者を決めておく事で万が一の時に対処しやすくなります。

納得の知識

subpage2

住宅なども長年、経過することである程度ダメージなどがでてきます。外壁や屋根などの部分は、風雨にさらされることもあり、劣化してくると、亀裂などができることもあり、瓦が割れてしまったりすることも考えられます。...

more

生活の話!

subpage3

マンションや一戸建て住宅で「雨漏りだと思っていたら結露が原因だった」、あるいは「結露だと思っていたら雨漏りだった」という勘違いをするケースが、頻繁に報告されています。天井にシミができていたり、水分で天井のパネルがふやけていたりすると、すぐに雨漏りだと思いこんでしまいがちですが、まったく別の理由であることも珍しくありません。...

more

納得の事実

subpage4

多くの人にとって、人生で最も大きな買い物といえば、マイホームです。長い間生活する場所ですし、大切な家族のためにも、お家に関してのトラブルは避けたいと考える人が少なくないでしょう。...

more

関連情報

subpage5

冬場は部屋を暖めるためストーブをつける機会が多くありますが、室温と外気温度差が生じるため、窓ガラスには水滴が付着し、それが窓枠の下部分に溜まってしまいます。これは結露と言われている減少であり、外気温度差により窓際の空気が冷やされて水滴として現れるものです。...

more