意外と多い外壁からの雨漏り

subpage1

冬場は部屋を暖めるためストーブをつける機会が多くありますが、室温と外気温度差が生じるため、窓ガラスには水滴が付着し、それが窓枠の下部分に溜まってしまいます。

これは結露と言われている減少であり、外気温度差により窓際の空気が冷やされて水滴として現れるものです。

しかし、季節に関係なく窓枠に水が溜まると言うケースがあります。


水が溜まるのは決まって雨が降っている時と言った場合には雨漏りが起きている可能性が高いのです。



雨漏りと言うと屋根からの雨が原因と言ったイメージを持つ人が多いのですが、外壁などからの雨が原因になっているケースが多く、サッシの窓枠に溜まる水はそのままにしておくわけには行きません。


外壁を見た時に、ひび割れている部分がある場合にはそこから雨が入り込んでいる可能性が高くなり、そのままにしておくと建物内に雨が入り込んでいるので木材を腐らせてしまうなどの被害を受けてしまう事になります。

外壁や屋根の塗装を行ってくれる専門業者に依頼をすれば、塗装をしてくれるので外壁からの雨漏りを防止する事が出来ますし、塗装を行う時には補修を行った上で塗装をして貰えるので雨漏りを防止する事が出来るようになります。



雨漏りは建物の構造体を腐らせるだけではなく、湿気を室内に入れる事にもなります。
梅雨時期などの場合、雨の浸入により湿気がより多くなり、これが原因となりカビが発生するなど、早めに専門業者に相談をして補修や外壁などの塗装をお勧めします。