雨漏りの原因について

subpage1

多くの人にとって、人生で最も大きな買い物といえば、マイホームです。長い間生活する場所ですし、大切な家族のためにも、お家に関してのトラブルは避けたいと考える人が少なくないでしょう。

マイホームに関するトラブルの中で、よく挙げられるものとして雨漏りがあります。


雨や雪の降った日に、お部屋の中にまで水が滴り、水たまりができたり、天井や床の木材が腐ってしまったりという例もしばしばあります。



こういった事態は絶対に避けたいです。
一体どうして、このような雨漏りは起きてしまうのでしょうか。
雨漏りの原因としてはまず第一に、家の一部が経年変化や強風、地震などによって劣化してしまっているというものがあります。
家の一部というのは、まず屋根が挙げられるでしょう。屋根の瓦がずれたり歪んでしまっていたり、コーキング部分がはげているなど、プロでなくとも、目視で確認できることも多いので、雨漏りにお困りの際はまず、屋根をチェックするようにしましょう。

次に原因となりやすいのが、壁の劣化です。



屋根だけでなく、壁がひび割れてしまっていることにより、その部分から雨水が染み入り、室内を濡らしてしまうことがあります。


こちらも、屋根と同じように目視確認がしやすい場所なので、定期的に確認しておきましょう。大切なマイホームでの楽しい生活が一気に台無しになってしまう雨漏りですが、原因をしっかり理解することで、未然に防いだり、ひどくなるのを防ぐことができます。