結露と雨漏りの見分け方

subpage1

マンションや一戸建て住宅で「雨漏りだと思っていたら結露が原因だった」、あるいは「結露だと思っていたら雨漏りだった」という勘違いをするケースが、頻繁に報告されています。



天井にシミができていたり、水分で天井のパネルがふやけていたりすると、すぐに雨漏りだと思いこんでしまいがちですが、まったく別の理由であることも珍しくありません。


結露とは、外気温と室内の温度の差によって生じる現象です。


コンクリートの壁をもつマンションなどで起きやすいのが特徴です。
屋外の冷たい空気で冷やされた外壁の表面に屋内の空気に含まれている水分が付着して、水滴となって流れ出します。

これが天井の板やパネルに吸収され、変色したり素材が変形したりしてしまいます。
一見したところ、雨漏りによる浸水被害と見分けがつきにくいことから、両者を取り違えることが多くなっています。



結露による浸水の見分け方としては、それが冬場の寒い時期にのみ起こるかどうかがポイントとなります。


夏場などの気温が暖かい時期には、結露が発生することはほとんどないためです。

そのため、夏などの気温が高い時期にも、天井にシミができているようなら、雨漏りである可能性が高くなります。



逆に、冬の寒い時期にのみ発生する現象であるならば、結露が原因だと考えられます。

結露の場合は、天井に吸水シートなどの水分を吸収する資材を設置するなどの対策で、天井のパネルや木材を守ることが可能です。